ITサポーターズの仲間たち    mushi

IT関連のサポートに携わる変人が微弱な電波を発してます。
ビビビビビッ!

URL変更のお知らせとお願い 当サイトのドメインが変更となりました
http://zxvf.homeip.net から http://zxvf.stzo.net に変更となりました。
当サイトにリンクしていただいている方々にはご面倒ですが変更をお願いいたします。(2014/4/7)

無事に手術を終えて帰ってきた


無事に手術を終えて帰ってきた。一昨年に骨折した鎖骨にチタンのプレートを入れていたのだが、 粉砕した部分がなかなか骨が繋がらずに1年半もたってしまった。 ベッカムとか松井とかスポーツ選手が骨折した時によく使う帝人のセーフスという超音波も当てていたのだが、



一昨年に骨折した鎖骨にチタンのプレートを入れていたのだが、
粉砕した部分がなかなか骨が繋がらずに1年半もたってしまった。

ベッカムとか松井とかスポーツ選手が骨折した時によく使う帝人のセーフスという超音波も当てていたのだが、
なかなか効果が出ずに心配していたけれどやっとプレートを抜けるまでになってくれた。
そのまま入れておいても問題無いらしいのだが、やっぱ皮の薄い部分なので気になるので手術で除去。

手術のレベルとしては以前と同じだけ切って取り出すので、重度としては同じくらい。
実際の手術時間も1時間くらいかかった。

翌日まではボルトを抜いた部分から出血して体内にたまるといけないので、縫い口からチューブがちょろっと出ていた。
なんか体内からチューブが出てるってすごく気持ち悪い。
翌日にはピンセットみたいので、ピュッって簡単に抜けたのでびっくり。同時になんか変な感触。

抜いたプレートとボルトは記念にいただきてきた。

upfiles/2010/11/1289792992_1_tn.jpg

さすがチタン。見た目こんなんでで相当固い。
少し傷があるのは骨に合わせてペンチで曲げたときについたものだろう。

よく見るとボルトの長さも微妙に違う。




ボルトが入っていた部分は当然穴が空いているわけで、表と裏あわせて12箇所も軽量化したみたいになってる。
ある程度の強度はあるけど、あまり負荷をかけるとクラックが入ってしまう可能性があるので無理出来ない。
なかなか骨ができない体質みたいなので、最低でも半年は左側で力を入れられないのは辛い。
日常生活では問題ないけど、力仕事できないのは何かと不便なのです。

もう骨折なんてしたくない。
入院はとってもヒマだし。

< 過去の記事 [ 4月の 全てのトピック リスト ] 新しい記事 >
via IPv4

twitter

●→ トップページ

04/27(Fri) 08:05:58

サイト内検索

 

トピックのカテゴリー

全てのトピック
今日の思考回路
趣味について
ニュース!
Technical
Linux
OSX
その他いろいろ

みんなのリンク

全てのリンク
ニュース
アミューズメント
生活
Tools
Windows
OS X
Technical
その他のリンク
MACアドレスで位置情報検索


Archives




新しいトピック
最新:05/08 18:22


Valid XHTML 1.0 Transitional

Syndicate this site(XML)

RSS1.0(RDF)

RSS2.0(RSS)

SpecialThanks
011426282

....   

Copyright (C) 2005-2018 Amato. All rights reserved.