ITサポーターズの仲間たち    mushi

IT関連のサポートに携わる変人が微弱な電波を発してます。
ビビビビビッ!

URL変更のお知らせとお願い 当サイトのドメインが変更となりました
http://zxvf.homeip.net から http://zxvf.stzo.net に変更となりました。
当サイトにリンクしていただいている方々にはご面倒ですが変更をお願いいたします。(2014/4/7)

EKEN M001をカスタマイズする


EKEN M001をカスタマイズする そのままだとかなりアレなので快適に使えるよう覚書



そのままだとかなりアレなので快適に使えるよう覚書

■ファームのアップデート


EKENから純正のファームが出ている。
出荷時バージョンは1.7.1で現在の最新は1.7.2。
入手するにはマジコンさんのサイトから。
http://www.magcomp.net/page/14
・2010/5/27: M001-20100515(1.7.2)

1・説明にあるように解凍して出てきた「script」フォルダをそのままSDカードにコピーする。
2・M001にSDカードを差し込んで電源投入。自動でアップデートが始まる。
3・最後に「Please remove SD Card ......」とメッセージが出たらSDカードを抜く。
4・SDカードのscriptフォルダは消すかリネームしておかないと挿したまま起動すると再度ファームアップしてしまうので注意。


■rootの取得(ファームのアップデートと同時に)


オリジナルファームでrootの取得をする。
概要はファームの中にsuコマンドを入れておき、まるごとファームアップ。
su用のアプリを経由してroot権限で操作できるようにする。
必要なのはこのeken_toolと上のM001-20100515(1.7.2) のファームファイル。
・2010/5/27: M001-20100515(1.7.2)用eken_toolツール。

説明はLinuxかMac上での作業です
1・作業フォルダ temp と temp/fs を作成
$ mkdir temp
$cd temp
temp$ mkdir fs
2・M001-20100515(1.7.2) を解凍して中の script フォルダ内の android_fs.tgz を取り出しtempにコピーする。
3・eken_toolを解凍し eken_tool フォルダを temp にコピーする。
4・tempフォルダで android_fs.tgz を解凍し su コマンドをコピーする。
temp$ tar zxvf android_fs.tgz -C fs
temp$ cp eken_tool/su fs/system/bin/
5・オリジナルの android_fs.tgz をリネーム
temp$ mv android_fs.tgz android_fs.tgz.org
6・新しい android_fs.tgz を圧縮して作成する(sdcardのパーミッションがあるのでrootにて)
temp$ cd fs
fs$ sudo tar zcvf ../android_fs.tgz ./
7・tempフォルダに android_fs.tgz ができるので M001-20100515(1.7.2) の script フォルダの中の android_fs.tgz を新しいものと置き換える。
8・script フォルダ内の update.sh を eken_tool フォルダ内の update.sh で上書きする。
9・ファームのアップデート手順と同じくアップデート実施。
10・SDカードのscriptフォルダはリネームして eken_tool フォルダをコピー。
11・eken_toolフォルダ内の superuser.apkとconnectbot.apkをM001上からインストール。
12・USBデバッグを有効にしてsu した際にsuperuserアプリケーションが立ち上がるので、allowしてやるとrootになれる。

■adb の利用(ネットワーク経由)


androidのSDKを導入していてもUSB経由では adb で接続が出来ないのでネットワーク経由での接続方法。
(SDKは導入してある前提です。)
1・M001を起動してIPアドレスを調べる。
「ワイヤレス設定」「Wi-Fi設定」で自分の接続している設定を開くとIPがわかる。
2・adb サーバを起動
$ adb start-server
3・M001のポート5555に接続(仮にM001のIPを192.168.1.10として)
$ adb connect 192.168.1.10:5555
4・接続されたか確認
$ adb devices
リストに上がればOK。
あとは通常のadb コマンドが使える。
adb 経由で root になりたい時は su してから M001本体ディスプレイ上で Allow してやる必要あり。

切断は
$ adb disconnect 192.168.1.10:5555
$ adb kill-server

■カスタムファーム


http://slatedroid.com/ のフォーラムあたりに落ちている。
現時点での最新は
・Slatedroid1.2(1.7.2base)[final].rar
こいつはかなり軽いがかなり削られている。目的が絞られていればサクサク快適かも
・ECOTOX_ModM001Firmware_v3.6.7.3.6.2.zip
Gmailやカレンダーなどがgoogleアカウントで使用できる。かなりいい出来。
もう少しでマーケットも動くのか?マーケットはSIMのチェックがあるので難しいのか・・・今後に期待。
両方共にrooted済み。
導入はファームのアップデートと同じく script フォルダが提供されているので、そのままSDにコピーして実施。

< 過去の記事 [ 12月の 全てのトピック リスト ] 新しい記事 >
via IPv4

twitter

●→ トップページ

12/18(Mon) 06:40:06

サイト内検索

 

トピックのカテゴリー

全てのトピック
今日の思考回路
趣味について
ニュース!
Technical
Linux
OSX
その他いろいろ

みんなのリンク

全てのリンク
ニュース
アミューズメント
生活
Tools
Windows
OS X
Technical
その他のリンク
MACアドレスで位置情報検索


Archives




新しいトピック
最新:05/08 18:22


Valid XHTML 1.0 Transitional

Syndicate this site(XML)

RSS1.0(RDF)

RSS2.0(RSS)

SpecialThanks
011373881

....   

Copyright (C) 2005-2017 Amato. All rights reserved.