ITサポーターズの仲間たち    mushi

IT関連のサポートに携わる変人が微弱な電波を発してます。
ビビビビビッ!

URL変更のお知らせとお願い 当サイトのドメインが変更となりました
http://zxvf.homeip.net から http://zxvf.stzo.net に変更となりました。
当サイトにリンクしていただいている方々にはご面倒ですが変更をお願いいたします。(2014/4/7)

Windows7 RC


Windows7 RC いよいよ本格的になってきた。



いよいよ本格的になってきた。

つい先日Windows7の最新版。RCが公開された。
そんなわけで早速いつものようにインストール。
始めは仮想マシンに入れてみたんだけど、動作はまずまず。
でもやっぱXPの方が軽いみたい。やっぱこれは仕方ないね。
でもシステムの最適化やキャシュ機能で快適に使えるようになってる。
よく使うアプリなんかは先読みで起動から動作まで実に早い。
ただたまに使う機能なんてつかうとやっぱり遅くなるんだね。

なかなか良いので実機にも入れてみた。
今回の目玉のVirtualPCを使って実現する統合機能。
こいつを試さないとね。

いわばVMwareFUSIONにあったユニティそのもの。
ホストOS上でゲストのアプリの窓を直接開けるというもの。
LinuxでXを飛ばして窓だけ開く感じだね。

もちろんデフォルトだとインストールされていないので入れてから利用する。

http://www.microsoft.com/windows/virtual-pc/download.aspx
ここからステップ1.2.3とやればいい。
ステップ3はXPのイメージなのでサイズがでかい。
(VirtualWindowsXP.msi 620MBもある)
こいつが普通のXPproSP3のOSで仮想マシン上で認証されてて普通に使える。
もちろんディスクの復元機能も使えるのでおまけにXPが付いてくる感じだね。

ただ上位バージョンでないと付いてこないらしいが、RC版でついてくるので、このvmcxファイルをそのまま保存しておけば・・・なんて良い子はしちゃダメ。

試しにリテールのXPを入れてみたが、同じように統合機能も使えるし、こっちだとマシン名とかユーザー名とか好きに設定できる。


ただなんとなくだが、VistaにVirtualPC2007を入れてXP使ってた方が軽い感じがするのは気のせいだろうか。
Win7の場合はVPCで仮想マシンを動かして、表示はリモートデスクトップを使っているようなのでこの辺の違いがあるのかも知れない。

しかしこのRCはかなり安定していてこのままでも何ら問題ない気がするね。
この分だと9月あたりにRTMで年末にはプリインストールモデルが店頭に並ぶかも?

< 過去の記事 [ 12月の 全てのトピック リスト ] 新しい記事 >
via IPv4

twitter

●→ トップページ

12/18(Mon) 06:34:13

サイト内検索

 

トピックのカテゴリー

全てのトピック
今日の思考回路
趣味について
ニュース!
Technical
Linux
OSX
その他いろいろ

みんなのリンク

全てのリンク
ニュース
アミューズメント
生活
Tools
Windows
OS X
Technical
その他のリンク
MACアドレスで位置情報検索


Archives




新しいトピック
最新:05/08 18:22


Valid XHTML 1.0 Transitional

Syndicate this site(XML)

RSS1.0(RDF)

RSS2.0(RSS)

SpecialThanks
011373811

....   

Copyright (C) 2005-2017 Amato. All rights reserved.