ITサポーターズの仲間たち    mushi

IT関連のサポートに携わる変人が微弱な電波を発してます。
ビビビビビッ!

URL変更のお知らせとお願い 当サイトのドメインが変更となりました
http://zxvf.homeip.net から http://zxvf.stzo.net に変更となりました。
当サイトにリンクしていただいている方々にはご面倒ですが変更をお願いいたします。(2014/4/7)

LinuxでRAMディスクの利用


RAMディスクの利用 firefoxのキャッシュをRAMディスクに置いて動作を高速化してみる



LinuxでfirefoxのキャッシュをRAMディスクに置いて動作を高速化してみる。

まず下準備で、RAMディスクを作成します。
今回はキャッシュの利用ということでtmpfsというテンポラリ用に用意された容量可変のファイルシステムを使います。
tmpfsは最大容量を指定して設定し自動で容量可変します。


マウントポイントのディレクトリの作成(仮にramという名称とします)

$ sudo mkdir /ram


$ sudo chmod 777 /ram


fstabを編集してRAMディスクのマウント内容を記載します。
$ sudo vi /etc/fstab


一番最後に記入します
/dev/shm /ram tmpfs size=256m 0 0

256mというのが最大の容量となりますので、積んでいるメモリと相談して512mとしたり128mとしたりしてください。

記載したfstabの内容を反映します
$ sudo mount -a


$ mount

コマンドや
$ df -h

するとマウント状況を確認できます。

これでRAMディスクの準備ができたので利用できます。

次にfirefoxの設定です。

firefoxのアドレスバーに about:config と入力します。
警告画面が出ますが、細心の注意を払って使用する のボタンを押します。

何もない場所で右クリックして [新規作成] [文字列] と選択し、ダイヤログが出るので
[ browser.cache.disk.parent_directory ]と入力し次のダイヤログで [ /ram ]と入力します。

これで /ram にキャッシュされるようになるので適当にブラウズしてから /ram を見ると
Cacheフォルダ内にキャッシュファイルがあるのが確認できると思います。



応用
ログをRAMディスクに置いてしまう場合
(SSDの書き込みを減らしてログが残らなくてよい場合とか)

fatabの記載に追加します
/dev/shm /var/log tmpfs size=64m 0 0

< 過去の記事 [ 12月の 全てのトピック リスト ] 新しい記事 >
via IPv4

twitter

●→ トップページ

12/18(Mon) 06:38:58

サイト内検索

 

トピックのカテゴリー

全てのトピック
今日の思考回路
趣味について
ニュース!
Technical
Linux
OSX
その他いろいろ

みんなのリンク

全てのリンク
ニュース
アミューズメント
生活
Tools
Windows
OS X
Technical
その他のリンク
MACアドレスで位置情報検索


Archives




新しいトピック
最新:05/08 18:22


Valid XHTML 1.0 Transitional

Syndicate this site(XML)

RSS1.0(RDF)

RSS2.0(RSS)

SpecialThanks
011373860

....   

Copyright (C) 2005-2017 Amato. All rights reserved.