ITサポーターズの仲間たち    mushi

IT関連のサポートに携わる変人が微弱な電波を発してます。
ビビビビビッ!

URL変更のお知らせとお願い 当サイトのドメインが変更となりました
http://zxvf.homeip.net から http://zxvf.stzo.net に変更となりました。
当サイトにリンクしていただいている方々にはご面倒ですが変更をお願いいたします。(2014/4/7)

VMware-server1.0.4


VMware-server1.0.4 うpだてが来ましたね。



うpだてが来ましたね。

久しぶりにVMware-serverのUpdateが来ましたよ。
つい先日Playerの方がアップデートされていたのでそろそろかなとは思っていたのだ。
でもってやはりserverはUSB2.0には対応されなかった。ちょっと残念。
しかしLinux関連のフィックスが中心だったのかな。
HardwareFlowControlの修正。Fedora7のSCSIコマンドの修正。VMI使うと遅くなる問題。
Win32でサウンドカードが2種類以上ある場合の問題。やLSIロジックの修正などなど。
Linuxのカーネルが2.6.21からちょっと変わったのでそれに対応できていなかったので、その辺の対応が中心のようだ。

そんな僕もX86_64LinuxホストでゲストのFC6のサーバーがカーネルのアップデートができないでいたのだ。
回避策としてはバーチャルディスクをbuslogicにしてやれば回避できたんだけど、これは64bitホストだと使えない。
バーチャルディスクをIDE接続にすれば使えたんだけど、面倒なんで放置していたのだ。
昨日Updateが来たのでもしかしてと思いリリースノートを見てみるとやはりlsilogicの修正があるではないか。
今回は様子見なしでホストのVMware-serverをアップデートしてゲストのカーネルを上げてみた。
以前はカーネルパニックで起動しなかったんだけど、見事に起動。よかったー。
これであと数カ月安心してつかえる。というのもFC6はそろそろレガシー行きなのだ。
なんかFedoraはアップデートする為に使うOSみたいだよ。

< 過去の記事 [ 12月の 全てのトピック リスト ] 新しい記事 >
via IPv4

twitter

●→ トップページ

12/18(Mon) 06:39:25

サイト内検索

 

トピックのカテゴリー

全てのトピック
今日の思考回路
趣味について
ニュース!
Technical
Linux
OSX
その他いろいろ

みんなのリンク

全てのリンク
ニュース
アミューズメント
生活
Tools
Windows
OS X
Technical
その他のリンク
MACアドレスで位置情報検索


Archives




新しいトピック
最新:05/08 18:22


Valid XHTML 1.0 Transitional

Syndicate this site(XML)

RSS1.0(RDF)

RSS2.0(RSS)

SpecialThanks
011373868

....   

Copyright (C) 2005-2017 Amato. All rights reserved.