ITサポーターズの仲間たち    mushi

IT関連のサポートに携わる変人が微弱な電波を発してます。
ビビビビビッ!

URL変更のお知らせとお願い 当サイトのドメインが変更となりました
http://zxvf.homeip.net から http://zxvf.stzo.net に変更となりました。
当サイトにリンクしていただいている方々にはご面倒ですが変更をお願いいたします。(2014/4/7)

結局サーバをノートに入れ替えたのだが・・・


結局サーバをノートに入れ替えたのだが・・・。大失敗したのはbtrfsを使ってみようなんて思ってしまったこと。 マシンのスペックはCore i7-2630QMのメモリ8GBマシン。 HDDは5600rpmだけど結構サクサク動く。 ただNICがAtherosのAR8151 v2.0というので、あんま古いカー



大失敗したのはbtrfsを使ってみようなんて思ってしまったこと。

マシンのスペックはCore i7-2630QMのメモリ8GBマシン。
HDDは5600rpmだけど結構サクサク動く。

ただNICがAtherosのAR8151 v2.0というので、あんま古いカーネルだデフォで認識してくれないので自前で入れないといけない。
そんなのは簡単なことだけど、どうせなら新しめのカーネルの方がいいかなと思いOSはdebian wheezyにした。
こいつならカーネル3.2.0なのでデフォで認識するのでネットインストのイメージからインストールできる。
元から入っていたWin7はもちろんバッサリ削除してやったさ、ワイルドだろ〜w

どうせならとext系の次世代ファイシステムbtrfsを使ってみた。
ひと通りインストールや設定を済ませて一応ちゃんと動いてくれるのだが、何をするにもものすごく遅い。
クソノートを買ってしまったのかと落ち込んでいたのだが、よくよく考えてみるとインストールの次点でものすごく時間がかかっていたし、
それ以降もaptで何か入れるにしてもとてもとてもローカルのマシンの動作とは思えないほど遅いのだ。

そこでbtrfsがヤバイのかとベンチしてみるが、遅いと言われているけれど思ったよりは遅いくない。
でもやっぱり何か新しいファイルに対してアクセスがあるときなどかなりの数のbtrfsのカーネルプロセスが動き出している。
ということで大きなファイルでのベンチは多少落ち込むけど小さなファイルたくさんだとどうなのだろうと、
小さい画像ファイルをたくさん入れた外付けHDDのフォルダをコピーとかしてみると何時の時代のUSBメモリに書き込んでるのかと錯覚するほど遅い。

これはヤバイかなと思いつつKVMにXPをインストールしてみると、なんと初回の再起動までに半日以上かかる。
でもって仮想上で起動させてもシャットダウンさせても、もう無理ってほど時間がかかる。

さんざん時間を使ってしまったが、バッサリOS消して新たにext4で試してみると10倍早くなった気分。
いままでのもっさりが嘘のようにサクサク動く。もうめんどくさいのでこのままext4で行こうと思う。
セコいようだが付属のWin7のライセンスは仮想上で動かす事にしてKVM上で使うことにしてみたから全然ワイルドじゃ無くなった。
とりあえず省エネと部屋の温度が気持ち下がったような気がするので大満足。

< 過去の記事 [ 7月の 全てのトピック リスト ] 新しい記事 >
via IPv4

twitter

トップページ

11/15(Thu) 08:55:00

サイト内検索

 

トピックのカテゴリー

●→ 全てのトピック
今日の思考回路
趣味について
ニュース!
Technical
Linux
OSX
その他いろいろ

みんなのリンク

全てのリンク
ニュース
アミューズメント
生活
Tools
Windows
OS X
Technical
その他のリンク
MACアドレスで位置情報検索


Archives




新しいトピック
最新:05/08 18:22


Valid XHTML 1.0 Transitional

Syndicate this site(XML)

RSS1.0(RDF)

RSS2.0(RSS)

SpecialThanks
011567936

....   

Copyright (C) 2005-2018 Amato. All rights reserved.